3月29日:点描の画家 ジョルジュ・スーラ 逝く

1891年3月29日 - ジョルジュ・スーラ(スラ)(Georges Seurat , 1859年12月2日 - 1891年3月29日)没。享年31歳。

新印象派に分類される19世紀のフランス画家

スーラは、印象派の画家たちの用いた「筆触分割」の技法をさらに押し進め、光学的理論を取り入れた結果、
点描という技法にたどりついた。

スーラは完成作を仕上げるまでに多数の素描や下絵を制作して、入念に構想を練った。
また、点描の大作を仕上げるには相当の時間を要したことと思われる。
こうした制作方法に加え、31歳の若さで没したこともあって、作品の数は多くはない。

グランド・ジャット島の日曜日の午後
Georges Seurat 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』 ( Un dimanche après-midi à l'Île de la Grande Jatte)











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント