3月31日:日米和親条約締結。鎖国の終わり。

1854年3月31日嘉永7年3月3日) - ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約(神奈川条約)が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。
日米和親条約締結

この条約によって日本は下田と箱館(現在の函館)を開港し、鎖国体制は終焉を迎えた。

ペリーの来航目的には通商交渉も含まれてはいたものの無理な交渉は行わず、
人身保護と補給を主目的とした和親条約が締結されることとなった。

下田・箱館が開港場に選ばれたのも、補給の利便性を重視したものであった。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント