3月31日:日本における最初のハイジャック事件「よど号ハイジャック事件」

1970年3月31日 - 共産主義者同盟赤軍派が日本航空「よど号」をハイジャック
よど号ハイジャック事件

羽田空港発板付空港(現福岡空港)行きの日本航空351便(ボーイング727-89型機、愛称「よど号」)が
赤軍派を名乗る9人(以下、犯人グループ)によってハイジャックされた。
犯人グループは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)へ亡命する意思を示し、同国に向かうよう要求した。

よど号は福岡空港と韓国の金浦国際空港での2回の着陸を経た後、
4月3日に北朝鮮の美林飛行場に到着。犯人グループはそのまま亡命した。

運航乗務員を除く乗員と乗客は福岡とソウルで順次解放されたものの、
運輸政務次官山村新治郎が人質の身代わりに搭乗し、運航乗務員と共に北朝鮮まで同行した後に帰国した。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント