4月1日:沖縄本島にアメリカ軍上陸

1945年4月1日 - 第二次世界大戦・沖縄戦:米軍が沖縄本島に上陸。
沖縄にアメリカ軍上陸

4月1日朝、アメリカ軍は守備の薄い本島中西部で、第7・第96歩兵師団と第1・第6海兵師団による上陸を開始した。
戦艦10隻・巡洋艦9隻・駆逐艦23隻・砲艇177隻が援護射撃をし、
127mm以上の砲弾44825発・ロケット弾33,000発・迫撃砲弾22,500発が撃ち込まれた。

日本軍が水際作戦を放棄したため、アメリカ軍はその日のうちに6万人を揚陸。

6月23日の日本軍の組織的抵抗が終了するまでに
軍民合わせて18万人以上の命が消えていくことになる。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント