4月3日:漢口事件

1927年4月3日 - 漢口事件で日本人が迫害される。
漢口事件

漢口事件(かんこうじけん)とは、1927年(昭和2年)4月3日、国民革命軍の武漢攻略の際、
一部の無秩序な軍隊と暴民が漢口(湖北省)の日本租界に侵入し、
掠奪、破壊を行い、日本領事館員や居留民に暴行危害を加えた事件。
漢口四三事件とも言う。

日本海軍の軍人も傷害や暴行を加えられた。被害は150戸、被害見積額は92万円。
共産党の扇動により発生した。

日本海軍の水兵と中国の少年との口論を端緒に次第に拡大していったとされる。














◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント