4月3日:済州島四・三事件。自国民を虐殺。

1948年4月3日 - 済州島四・三事件
済州島四・三事件

在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある南朝鮮(現在の大韓民国)の済州島で起こった島民の蜂起にともない、
南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察、朝鮮半島本土の右翼青年団などが
1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件。

この事件によって、島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺され、済州島の村々の70%が焼き尽くされた。

事件後、日本などへ避難あるいは密入国し、そのまま在日韓国人となった人々も多い。
大阪のコミュニティーはこの時に避難してきた人々によって作られた。


また済州島では事件前(1948年)に28万人いた島民は、1957年には3万人弱にまで激減したとされる。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント