4月11日:戦艦ミズーリに特攻機突入

1945年4月11日14時42分 - 沖縄戦に参加していた戦艦ミズーリに、鹿屋航空基地を出撃した第五建武隊に特攻機が突入。
ミズーリに突入する特攻機

この攻撃の痕は今も残る。
特攻機の突入跡

なお、特攻機の乗員の遺体に対しては、
乗組員からも反対もあったものの、ミズーリのキャラハン艦長が「敵兵でも死んだら敵ではない。国のために命を捧げた勇士である。これは艦長の意志である。丁重に葬ってやりたい」と艦内に放送し、星条旗に日の丸を描かせて遺体を包み、翌12日、礼砲5発、全員敬礼をして水葬が行われた。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

神風特攻隊と戦艦「ミズーリ」ウィリアム・キャラハン(William McCombe Callaghan)艦長

沖縄戦まっ最中の1945年(昭和20年)4月11日14:42、 喜界島沖に展開していた戦艦ミズーリに対して 特攻機(爆装零戦)1機が海面上6mの超低空飛行で右舷甲板メインデッキ下のフレーム169に突入した。 突入機の500ポンド爆弾は爆発しなかったが、右翼は第3副砲塔上にぶつか…