4月17日:日清戦争の講和条約、下関条約調印

1895年4月17日 - 日清戦争の講和条約である下関条約に調印。
下関条約

日本側 伊藤博文(内閣総理大臣)、陸奥宗光(外務大臣)、
清側 李鴻章(北洋大臣直隷総督)、李経方(欽差大臣)によって調印されたこの条約によって、
・朝鮮の独立
・遼東半島、台湾、澎湖諸島などの日本への割譲
・賠償金2億テールの日本への支払い
が取り決められたが、後にロシア・ドイツ・フランスによる三国干渉が起こった。











ふぐの本場、下関直送の国産とらふぐ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント