4月18日:現代物理学の父 アインシュタイン 逝く

1955年4月18日 - アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日)没。享年76歳。
アインシュタイン

ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、
光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、
半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、
20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる。

特に彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが、
光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント