4月21日:「レッド・バロン」リヒトホーフェン男爵 逝く

1918年4月21日 - マンフレート・フォン・リヒトホーフェン男爵(Manfred Albrecht Freiherr von Richthofen、1892年5月2日 - 1918年4月21日)戦死。享年25歳。
マンフレート・フォン・リヒトホーフェン

ドイツの陸軍軍人、パイロット。
第一次世界大戦参加各国で最高の撃墜機記録(80機撃墜、ほか未公認3)を保持するエース・パイロットとして知られる。
乗機を鮮紅色に塗装していたことから「レッド・バロン」や「赤い悪魔」の異名で呼ばれた。

80機撃墜の翌日、フランスのソンム川コルビエ近くで、英軍機を低空で追撃中にオーストラリア軍に撃墜され戦死した。

現在の墓所はベルリン。
















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント