4月22日:第2次イーペルの戦い。史上初めて大規模に毒ガスが戦場で使われる

1915年4月22日 - 第一次世界大戦: 第2次イーペルの戦い。
イーペルの戦い

中立国ベルギーの街イーペルの攻防戦において、ドイツ軍がフランス軍に対し史上初の大規模毒ガス攻撃を行う。

使用された毒ガスは塩素であった。
戦争によって破壊されたイーペルは、再建後「平和都市」と呼ばれるようになった。

日本の広島市と緊密な友好関係を結んだ。
戦場になったという事実(広島が世界で初めての核攻撃を受けたのに対し、
イーペルは化学兵器が使用された最初の場所のうちの1つであった)もあり、両市は結束を深めた。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント