4月25日:明滅亡

1644年4月25日崇禎17年/永昌元年3月19日) - 李自成が率いる叛乱軍が北京を占領。崇禎帝が自害して明が滅亡。
1368年からの歴史の幕を閉じる。
李自成の進路

しかし、その後、李自成軍は清のドルゴンと清に投降した呉三桂率いる清と明遺臣の連合軍と激突し、大敗。
たちまち北京から撤退した。

北京入城から40日と言う短い天下であった。









◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント