4月26日:後白河院 逝く

1192年4月26日建久3年3月13日) - 後白河天皇(ごしらかわてんのう、大治2年9月11日(1127年10月18日) -1192年4月26日建久3年3月13日) 、在位:久寿2年7月24日(1155年8月23日) - 保元3年8月11日(1158年9月5日))没。享年64歳。
後白河院


平安時代末期の第77代天皇。

鳥羽天皇の第四皇子として生まれ、異母弟・近衛天皇の急死により皇位を継ぎ、譲位後は34年に亘り院政を行った。

その治世は保元・平治の乱、治承・寿永の乱と戦乱が相次ぎ、二条天皇・平清盛・木曾義仲との対立により、
幾度となく幽閉・院政停止に追い込まれるが、そのたびに復権を果たした。

政治的には定見がなくその時々の情勢に翻弄された印象が強いが、
新興の鎌倉幕府とは多くの軋轢を抱えながらも協調して、その後の公武関係の枠組みを構築する。

南都北嶺といった寺社勢力には厳しい態度で臨む反面、
仏教を厚く信奉して晩年は東大寺の大仏再建に積極的に取り組んだ。

和歌は不得手だったが今様を愛好して『梁塵秘抄』を撰するなど文化的にも大きな足跡を残した。















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント