4月26日:チェルノブイリ原子力発電所事故発生

1986年4月26日 - チェルノブイリ原子力発電所事故

チェルノブイリ原発事故

旧ソ連・ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所の4つの原子炉のうち4号炉が
炉心溶融(世間一般でいう「メルトダウン」)ののち爆発し、
放射性降下物がウクライナ・白ロシア(ベラルーシ)・ロシアなどを汚染した、

後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される事故である。

セシウムによる土壌汚染
図はセシウム137(半減期約30年)による土壌汚染の状況。












有害物質を吸着!ご家庭の水を安心出来る水に。


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント