4月27日:「無知の知」のソクラテス 逝く

紀元前399年4月27日 - ソクラテス(Σωκράτης、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)青年を惑わした罪で刑死。享年70歳?
ソクラテスの死

古代ギリシア哲学者である。

ソクラテス自身は著述を行っていないので、
その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。

ソクラテスはアポロンの託宣を通じてもっとも知恵のある者とされた。

ソクラテスはこれを、自分だけが「自分は何も知らない」ということを自覚しており、
その自覚のために他の無自覚な人々に比べて優れているのだと考えたとされる。
いわゆる「無知の知」である。

ペロポネソス戦争の敗戦とその後の三十人政権による恐怖政治に対する怨念が渦巻くアテナイでは、
ソクラテスは他のソフィストや唯物論・無神論哲学者達と同類の、アテナイを堕落させた危険思想家の一人と看做され、
政治的に敵視されることとなり、ソクラテスは裁判にかけられ、
(死を恐れないと豪語し自説を決して曲げない姿勢が心象を悪くしたこともあって)死刑(毒をあおって死亡)となる。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント