4月30日:太陽、月以外の天体で史上最高の明るさの星出現

1006年4月30日 - 太陽と月以外で史上最も視等級が明るい天体である超新星SN 1006が観測される。
オオカミ座超新星

地球からの距離はおよそ7200光年。

記録に残されている限り、歴史上で最も視等級が明るくなった天体であった(太陽と月を除く、-9等星)。
1006年4月30日から5月1日の夜におおかみ座領域に初めて出現したこの「客星」は、スイス、エジプト、イラク、中国、日本、
そして恐らくは北アメリカの観察者たちにより記録されており、いくつかの資料では、この星は影が落ちるほど明るく、
時には昼間でも確かに見ることができたと述べられている。
1006年の春には、人々はおそらくこの星の光で深夜でもものを読むことが出来たであろう」と推測されている。

この超新星の残骸は淡い球殻状の歪んだ星雲として残っているが、
この超新星残骸が発見されたのは電波天文学の時代に入ってからであった。
SN1006


1965年、おおかみ座β星付近の電波観測で直径30分角の円形の膨張球殻が発見され、
1976年までにはX線および可視光の成分も発見された。

最新の観測では、この超新星残骸は地球から2.2キロパーセク(約7,175光年)の距離にあって
約20パーセク(約65光年)の直径を持ち、速度2,800km/sで膨張していることが分かっている。



















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント