6月28日:近代参謀本部制度の生みの親 シャルンホルスト 逝く

1813年6月28日 - ゲルハルト・ヨハン・ダーヴィト・フォン・シャルンホルスト(Gerhard Johann David von Scharnhorst、1755年11月12日 - 1813年6月28日)戦傷による敗血症により没。享年57歳。
シャルンホルスト

プロイセン王国の軍人で、軍制改革者である。参謀本部の初代参謀総長で、
後任のアウグスト・フォン・グナイゼナウと共に参謀本部制度の生みの親でもあり、
プロイセンの軍制改革に多大な影響を及ぼした。

ナポレオン戦争では、ハノーファー出身で身分も低かったことから出世が遅く、
飛び抜けた才能を認められながらも責任ある地位につくことはなかった。

1813年になってようやくプロイセン軍を実質的に指揮するようになって解放戦争の勝利に大きな功績があったが、
その最後を見届けることなく負傷の悪化によって戦傷死した。















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント