6月12日:戦国時代の転換点、桶狭間の戦い

1560年6月12日永禄3年5月19日) - 桶狭間の戦い。
織田信長が桶狭間山附近で今川義元を討ち取る。
桶狭間の戦い

2万5千といわれる大軍を率いて尾張に侵攻した駿河の戦国大名である今川義元・今川氏真親子に対し、
尾張の大名・織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させた、
日本三大奇襲(日本三大夜戦)に数えられる日本の歴史上有名な戦いである。

戦後、東海道に君臨した今川氏が没落する一方で、勝利した織田氏は美濃・伊勢侵攻から畿内の制圧へと急成長し、
戦国時代の重要な転機となった。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント