9月10日 - オーストリア皇后エリーザベト暗殺される

1898年9月10日 - オーストリア皇后エリーザベト(Elisabeth Amalie Eugenie von Wittelsbach、1837年12月24日 - 1898年9月10日)が無政府主義者ルイジ・ルケーニにより暗殺。享年60歳。
皇妃エリザベート

オーストリア=ハンガリー帝国の皇帝(兼国王)フランツ・ヨーゼフ1世の皇后。「シシィ」(Sissi, Sissy, Sisi)の愛称で知られる。

当時のヨーロッパ宮廷一といわれた美貌に加え、身長172cmと背が高く、ウエスト50センチで体重は50キロという驚異の体形の持ち主だった。

皇后でありながら君主制を否定した「進歩的な女性」と評されることもあるエリーザベトだが、一方で尊大、傲慢、狭量かつ権威主義的であるのみならず、皇后・妻・母としての役目は全て放棄かつ拒否しながら、その特権のみほしいままに享受し続け、皇后としての莫大な資産によってヨーロッパ・北アフリカ各地を旅行したり法外な額の買い物をしたりするなど、自己中心的で傍若無人な振る舞いが非常に多かったとされる。

ハンガリー統治に関しては非常な関心と情熱を傾けたため、過去に近隣の大国に翻弄され、分割・被支配とさまざまな苦難の歴史をたどったハンガリーが現在平和な独立国家となった礎を築いた人物として、今もハンガリーの人々には慕われている。

そして現在、彼女が嫌ったウィーンにおいても観光のシンボルとして肖像画を見ることができる。











オーストリア直輸入 高級チロリアンハット専門店【Zapf(ツァップ)】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント