9月18日:ファショダ事件、イギリス軍とフランス軍がアフリカのファショダで軍事衝突寸前!

1898年9月18日 - ファショダ事件:スーダンのファショダにて、大陸横断政策をとったフランスに対し、縦断政策をとったイギリスが到達。
ファショダ事件

アフリカで初の帝国主義の衝突が起こる、

最終的にフランスが譲歩し撤退したが、
帝国主義の時代、両雄であるイギリスフランスの間の緊張が最高潮に達した瞬間でもある。

このことを契機にイギリスフランスは緊張緩和の時代に入る。










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント