11月16日:軍事戦略の重要論文『戦争論』著者 クラウゼヴィッツ 逝く

1831年11月16日 - カール・フォン・クラウゼヴィッツ(Carl Philipp Gottlieb von Clausewitz (Claußwitz)、1780年7月1日 - 1831年11月16日)没。享年51歳。

クラウゼヴィッツ

プロイセン王国の軍人で軍事学者である。

ナポレオン戦争にプロイセン軍の将校として参加しており、シャルンホルスト将軍およびグナイゼナウ将軍に師事。戦後は研究と著述に専念したが、彼の死後1832年に発表された『戦争論 レクラム版』で、戦略、戦闘、戦術の研究領域において重要な業績を示した。

特記すべき業績としては絶対的戦争、政治的交渉の延長としての戦争概念、摩擦、戦場の霧、重心、軍事的天才、防御の優位性、攻勢極限点、勝敗分岐点などがある。












お買い得会員ポイントで本物の手作りドイツハムが買いやすくなりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント