11月29日:国連総会でパレスチナ分割決議(国連決議181号)可決

1947年11月29日 - 国連総会で、パレスチナの56.5%の土地をユダヤ国家、43.5%の土地をアラブ国家とし、エルサレムを国際管理とするという国連決議181号パレスチナ分割決議が、賛成33・反対13・棄権10で可決された。
パレスチナ分割決議
<オレンジ色がユダヤ国家、黄色がアラブ国家>

この分割案は完全に実施されることはなく、
イギリスのパレスチナ委任統治が完了する1948年5月14日にユダヤ人民評議会はユダヤ人国家の樹立を宣言、
すなわちイスラエルの独立が宣言された。
アラブ諸国はパレスチナに介入するため侵攻、1948年5月15日に第一次中東戦争が勃発した。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント