2月9日:漫画の神様 手塚 治虫 逝く

1989年平成元年2月9日 - 手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治)、1928年昭和3年11月3日 - 1989年平成元年2月9日)没。享年60歳。
手塚治虫

日本漫画家、アニメーター、アニメーション監督。
大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。

戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。
兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。

学生時代の恩師からは授業中もずっと漫画を描いている手塚に対して
「手塚君、君は、このまま医者をつづけても、ろくな医者にはなれん。必ず患者を五、六人は殺すだろう。世の中のためにならんから医者をあきらめて漫画家になりたまえ」と言われたとか・・・。
一応、医師免許を持っていたが、大阪帝国大学医学専門部の時代からすでにプロの漫画家として活動していたため職業医師として活動したことはない。

1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼした。
鉄腕アトム
<鉄腕アトム>

1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などのヒット作を発表。
ブラックジャック
<ブラック・ジャック>

また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画においても傑作を生み出す。
アドルフに告ぐ
<アドルフに告ぐ>

デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。

藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、横山光輝、水野英子、矢代まさこ、萩尾望都などをはじめ数多くの人間が手塚に影響を受け、接触し漫画家を志した。










◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント