2月11日:大日本帝国憲法が公布

1889年明治22年2月11日 - 大日本帝国憲法(だいにほんていこくけんぽう、だいにっぽんていこくけんぽう、旧字体:大日本帝國憲法)は公布.。
憲法発布略図


1876年(明治9年)9月6日、明治天皇は各国憲法を研究して憲法草案を起草せよと命じ、
1882年(明治15年)3月、「在廷臣僚」として、参議・伊藤博文らは政府の命をうけてヨーロッパに渡り、ドイツ系立憲主義の理論と実際について調査を始め、1888年(明治21年)4月に成案をまとめた。

日本帝国憲法は、1890年(明治23年)11月29日に施行された。

この憲法は、短期間で停止されたオスマン帝国憲法を除けばアジア初の近代憲法である。

1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行まで半世紀以上の間、一度も改正されることはなかった。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント