3月1日:ビキニ環礁で水爆実験。日本の第五福竜丸が被曝。

1954年3月1日 - ビキニ環礁での核実験(キャッスル作戦)による死の灰の降灰により第五福竜丸が被曝。
キャッスル作戦ブラボー実験
<キャッスル作戦・ブラボー実験>

ビキニ環礁の位置
<ビキニ環礁の位置>

キャッスル作戦(Operation Castle)は、アメリカ合衆国がビキニ環礁、エニウェトク環礁の二つの環礁で行なった、一連の核実験で、合計で6回の実験が行われ、特に3月1日に行なわれたブラボー実験では、マーシャル諸島近海で操業していた日本のマグロ漁船第五福竜丸が、放射能降下物(いわゆる「死の灰」)に被爆した。

ビキニ環礁核実験での危険水域
核実験現場と第五福竜丸の位置>

実験当時、第五福竜丸はアメリカ合衆国が設定した危険水域の外で操業していたが、数時間に渡って放射性降下物の降灰を受け続けることとなり、第五福竜丸の船員23名は全員被爆した。
この水爆実験で放射性降下物を浴びた漁船は数百隻にのぼるとみられ、被爆者は2万人を越えるとみられている。

予想以上に深刻な被害が発生した原因は、当初アメリカ軍がこの爆弾の威力を4 - 8Mtと見積もり、危険区域を狭く設定したことにある。
爆弾の実際の威力はその予想を遥かに超える15Mtであったため、安全区域にいたはずの多くの人々が被爆することとなった。

第五福竜丸事件
<事件を伝える当時の新聞>

第五福竜丸の乗組員23名は放射線による火傷、頭痛、嘔吐、眼の痛み、歯茎からの出血、脱毛など急性放射線症状を呈し、「急性放射線症」と診断された。
のちの同年9月、乗組員の一人である久保山無線長が亡くなった。

第五福竜丸の水爆実験による被爆は、長崎への原爆投下に次ぐ「日本を巻き込んだ第三の原子力災害」となり、日本は原子爆弾と水素爆弾の両方の兵器による原子力災害(被爆と被曝)を経験した国となった。

そして、第五福竜丸の被爆、特に久保山愛吉無線長(当時40歳)が「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」と遺言して死んだ出来事(1954年9月23日)は、日本で反核運動が始まる動機になった。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント