3月8日:『海の騎士道』 ハルテンシュタイン艦長 逝く

1943年3月8日:ヴェルナー・ハルシュタイン艦長(Gustav Julius Werner Hartenstein、1908年2月27日 - 1943年3月8日)戦死。享年35歳。
ハルテンシュタイン艦長

1928年4月、ドイツ海軍に入隊。
1943年3月にUボート部隊に転属。
同年9月4日にU-156の艦長に就任。
1941年12月24日から1948年3月8日に撃沈されるまでの5回の哨戒作戦(通算294日の作戦行動)で、19隻(総トン数97,489トン)、
そのほか4隻に損傷という戦果を挙げる。
U156score
<U-156の戦果>

中でも有名なものが
1942年8月20日から11月16日に行われた4回目の哨戒の際の9月12日、大西洋でイギリス客船ラコニア号(全長183m、排水量19,860 トン)を撃沈(ラコニア号事件)。
遭難者の大多数が一般市民と移送中のイタリア軍捕虜であることがわかると、即座にハルテンシュタイン艦長は救助活動を開始。さらに「ラコニア号の救助に来援するいかなる艦船に対しても、本艦が攻撃されない限り、攻撃をする意思はなし。位置 南緯4°53 / 西経11°26 」と公開周波数で連合軍にも発信した。

最終的に、近辺で展開していた他のUボート、 U-506、 U-507とイタリアの潜水艦コマンダンテ・カッペリーニ(後の日本海軍 伊503)、ヴィシー・フランス政府の軍艦が共同で生存者の救助作業にあたり、最終的にラコニア号の乗員乗客のうち
1,619名が死亡。 1,113名が救助された。
救助活動中のU156

なお、先の無線連絡に反応してやってきたのはアメリカ軍機で、赤十字の旗を掲げるU-156などを攻撃したため、救助活動は中止せざるを得なくなった。

この行為と、これまでの戦績により
ハルテンシュタインは1942年9月17日に騎士鉄十字章を授与された。

1943年1月16日からの5回目の哨戒作戦において、アメリカ軍のカタリナ飛行艇から投下された爆雷によって、バルバドス東方海域で撃沈され、ハルテンシュタイン艦長もU-156と共に運命を共にした。

U156沈没地点
<U-156沈没地点>
なお、ラコニア号事件で球種活動に参加した他のUボート(U-506、U-507)も、U-156と同様に、次の哨戒作戦から無事戻ることはできなかった。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント