3月13日:第二次世界大戦 大阪大空襲

1945年3月13日 - 第二次世界大戦:大阪大空襲
大阪市が初めて空襲される。
大阪大空襲

3月13日23時57分 - 14日3時25分の約3時間半にわたりB-29が274機により焼夷弾爆撃が行われた。
3,987名の死者と678名の行方不明者が出た。
大阪大空襲罹災エリア
3月13日の空襲による被災地域>

この後、大阪に対しては6月1日、6月7日、6月15日、6月26日、7月10日、7月24日、8月14日に空襲が行なわれた。
これらの空襲で一般市民 10,000人以上が死亡したと言われている。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント