6月14日:オリンピックの五輪マーク制定

1914年6月14日 - ピエール・ド・クーベルタンが考案した五輪のマーク(オリンピックシンボル)がオリンピック大会旗として制定される。
五輪マーク

オリンピックマーク、いわゆる五輪マークは、
単色または五色(左から青・黄・黒・緑・赤)の輪を重ねて連結した形で、
ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸と、その相互の結合、連帯を意味しているが、
どの色も特定の大陸を意味したものではない。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント