6月15日:ジョン王、マグナ・カルタを認める

1215年6月15日 - イングランド王ジョンが、自身の権限を限定するマグナ・カルタを認める。
マグナ・カルタ

イングランドのジョン王がフランス王フィリップ2世との戦いに敗れてフランス内の領地を失ったにもかかわらず、
新たに戦を仕掛けて再び敗戦したために、1215年5月5日に貴族の怒りが爆発した。
貴族側はジョン王の廃位を求めて結託し、ロンドン市が同調する事態になると
ほとんどの貴族と国民は反ジョンでまとまってしまった。

当時はこのように臣民の信頼を失った王は自ら退位するか処刑されるしかなく、
その後新たな王が立てられるのが通常であったが、
このときはジョン王は、王の権限を制限する文書に国王が承諾を与えることで事態の収拾を図ったことで制定された。
このとき制定されたのがマグナ・カルタと呼ばれるものである。

王といえどコモン・ローの下にあり、古来からの慣習を尊重する義務があり、
権限を制限されることが文書で確認されたという意味が大きい。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント