6月21日:インドネシア建国の父 スカルノ 逝く

1970年6月21日 - スカルノ(Sukarno、1901年6月6日 - 1970年6月21日)没。享年69歳。
インドネシアの植民地時代(オランダ領東インド時代)から民族主義運動、
独立運動において大きな足跡を残した政治家である。
Sukarnoでフルネーム。
スカルノ

独立宣言後、同国の初代大統領となり、雄弁な演説とカリスマ性によって、大衆の民族意識を鼓舞した。

1965年の「9月30日事件」によって失脚した後は不遇の晩年を送ったが、
いまなお国民には「ブン・カルノ」(カルノ兄さん)と呼ばれ、
国父(建国の父)として敬意をもって愛され続けており、現在再び紙幣(最高額面の10万ルピア)に肖像が使われている。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント