6月26日:ハーメルンの笛吹き男(民間伝承による)

1284年6月26日 - 「ハーメルンの笛吹き男」によって、ドイツ・ハーメルンで約130人の子供の集団失踪がおこる。
ハーメルンの笛吹き男

「ハーメルンの笛吹き男」の概略
1284年、ハーメルンの町にはネズミが大繁殖し、人々を悩ましていた。
ある日、町に笛を持ち、色とりどりの布で作った衣装を着た男が現れ、
報酬をくれるなら街を荒らしまわるネズミを退治してみせると持ちかけた。
ハーメルンの人々は男に報酬を約束した。
男が笛を吹くと、町じゅうのネズミが男のところに集まってきた。
男はそのままヴェーザー川に歩いてゆき、ネズミを残らず溺死させた。
しかしネズミ退治が済むと、ハーメルンの人々は笛吹き男との約束を破り、報酬を払わなかった。

笛吹き男はいったんハーメルンの街から姿を消したが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び現れた。
住民が教会にいる間に、笛吹き男が笛を鳴らしながら通りを歩いていくと、
家から子供たちが出てきて男のあとをついていった。
130人の少年少女たちは笛吹き男の後に続いて町の外に出てゆき、
市外の山腹にあるほら穴の中に入っていった。
そして穴は内側から岩でふさがれ、笛吹き男も子供たちも、二度と戻ってこなかった。



ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)/筑摩書房

¥821
Amazon.co.jp












◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント