6月27日:「独眼竜」政宗 逝く

1636年6月27日寛永13年5月24日) - 伊達 政宗(だて まさむね、1567年9月5日永禄10年8月3日) - 1636年6月27日寛永13年5月24日))没。享年68歳。
出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。仙台藩初代藩主。
幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。
伊達政宗

意外にも料理が趣味。
元々は兵糧開発が主眼であり、岩出山名物の凍り豆腐と納豆(ずんだ)は政宗の研究の末に開発されたものであった。
仙台城下には味噌倉を建てていたが、味噌の大規模な生産体制が確立されたのはこれが最初といわれる。
太平の世になると美食を極めることに目的を変えて料理研究を続けた。
『政宗公御名語集』には「馳走とは旬の品をさり気なく出し、
主人自ら調理して、もてなす事である」という政宗の料理観が残されている。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント