6月27日:「児童文化運動の父」 鈴木 三重吉 没

1936年昭和11年6月27日 - 鈴木 三重吉(すずき みえきち、1882年明治15年9月29日 - 1936年昭和11年6月27日)没。享年53歳。
広島県広島市出身の小説家・児童文学者。
赤い鳥
1918年(大正7年)6月、児童文学誌『赤い鳥』(7月号)を創刊。
『赤い鳥』は文壇の著名作家に執筆を依頼、芥川龍之介「蜘蛛の糸」や有島武郎「一房の葡萄」などの童話、
北原白秋らの童謡、小山内薫、久保田万太郎らの児童劇など、大正期児童文学関係の名作が本誌から誕生し、
教訓色に塗り潰されていた従来の児童読み物が、芸術的にも高められていく気運を作り出した。
日本の児童文化運動の父とされる。

鈴木三重吉












広島県産の牡蠣エキスサプリメント【海乳EX】


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント