6月28日:ユスティニアヌス大帝の皇妃テオドラ 逝く

548年6月28日 - 皇妃テオドラ(Theodra 500年頃? - 548年6月28日)没。享年48歳?
東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌス1世(在位:527年-565年)の皇后。
貧しい踊り子から皇后にまでのし上がり、夫を助けて国政に関与した。
皇妃テオドラ

有名なのは、532年の首都市民による「ニカの乱」の際のテオドラの対応である。
反乱にうろたえて港に船を用意して逃亡しようとするユスティニアヌスを制してテオドラは、
『帝衣は最高の死装束である』と演説し、勇気を取り戻したユスティニアヌスは将軍ベリサリウスに命じて反乱を武力鎮圧させた。
彼女がいなければ、東ローマ帝国の再征服事業も行われることなく、また今に残るハギア・ソフィア大聖堂も建設されることはなかった。











上質な香りとフォルム

香りのブランド、Millefiori ミッレフィオーリ




◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント