6月30日:天体落下によるツングースカ大爆発

1908年6月30日 - シベリアでツングースカ大爆発が起こる。
ツングースカ

大気圏に突入・落下してきた隕石が大気中で爆発。
それによって、強烈な空振が発生し、半径約30-50kmにわたって森林が炎上し、
約2,150平方キロメートルの範囲の樹木がなぎ倒された。
1,000キロメートル離れた家の窓ガラスも割れた。
爆発によって生じたキノコ雲は数百km離れた場所からも目撃された。
イルクーツクでは衝撃による地震が観測された。
爆発による閃光はヨーロッパ西部にも届き、ロンドンでも真夜中に新聞を読めるほど明るかったと言われている。

地面の破壊規模から見て爆発した「物体」の大きさは当初3mから70mと推定された。
破壊力はTNT火薬にして5-15メガトンと考えられていたが、後ほど5メガトン程と訂正された。
爆発地点では地球表面にはほとんど存在しない元素のイリジウムが検出された。
ツングースカ大爆発












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント