6月30日:「長いナイフの夜」ヒトラーによる粛清事件

1934年6月30日 - 長いナイフの夜事件。
国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)が行った突撃隊(SA)などに対する粛清事件である。

粛清は正式な法的措置を執らずに行われ、
エルンスト・レームらSA幹部、かつてナチス左派の領袖だったグレゴール・シュトラッサー、
元首相で名誉階級陸軍大将のクルト・フォン・シュライヒャーなど党内外の人々多数が裁判を経ずに殺害された。

当局の公式発表によると77人が死亡したことになっているが、116名の死亡者の氏名が明らかになっている。
レーム
レーム(右)と副官ハンス・フォン・シュプレーティ=ヴァイルバッハ伯爵(左)。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント