7月1日:日ソ国境紛争、第二次ノモンハン事件

1939年7月1日 - 日ソ国境紛争: 日本軍がノモンハンで総攻撃を開始。
第二次ノモンハン事件が始まる。


第二次ノモンハン事件

5月11日から31日に発生した第一次ノモンハン事件の後、ソ連政府は5月末の交戦を日本の侵略意図の表れとみなし、
日本軍の次の攻撃はさらに大規模になると考えた。
この方面のソ連軍司令官ゲオルギー・ジューコフ中将は大規模な増援を実施し、
ソ連軍航空機が自国主張の国境を越えて空襲をする状態になった。
これに対する反撃という形で、7月1日に越境攻撃を仕掛け第二次ノモンハン事件が始まった。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント