7月3日:インパール作戦中止 遅すぎた中止命令

1944年7月3日 - 第二次世界大戦ビルマの戦い: 大本営がインパール作戦の中止を命令。
3月8日から作戦に投入された日本陸軍部隊・インド国民軍は多大な損害を出し、
投入兵力8万6千人に対して、帰還時の兵力は僅か1万2千人に減少していた。

退却戦に入っても日本軍兵士達は飢えに苦しみ、陸と空からイギリス軍の攻撃を受け、
衰弱してマラリアや赤痢に罹患した者は、次々と脱落していった。

退却路に沿って延々と続く、蛆の湧いた餓死者の腐乱死体や、風雨に洗われた白骨が横たわるむごたらしい有様を、
日本兵は「白骨街道」とよんだ。


インパール作戦

















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント