7月4日:ピッツバーグ包囲戦で北軍が勝利

1863年7月4日 - 南北戦争: 南軍の降伏によりビックスバーグの包囲戦が終結。
ビックスバーグの包囲戦(Siege of Vicksburg)は、
南北戦争のビックスバーグ方面作戦では最後の大きな戦闘である。

北軍の指揮官ユリシーズ・グラント少将のテネシー軍はミシシッピ川を渡った後で、
南軍ジョン・C・ペンバートン中将の部隊を要塞都市ビックスバーグを取り巻く防御線の中に追い込んだ。

グラントは1863年5月19日と22日の2回、南軍の要塞に対する攻撃を行って大きな損失を出し撃退された後は、
5月25日から7月4日までビックスバーグ市を包囲した。

この7月4日に南軍は降伏し、ミシシッピ川の支配権が北軍の手に落ちた。
この南軍の降伏は、
その前日(7月3日)東部戦線におけるゲティスバーグの戦いでロバート・E・リー軍が敗北したことと組み合わせて、
南北戦争の転回点と見なされている。

グラントとペンバートン
降伏条件を話し合うグラント(左)とペンバートン














◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント