7月11日:金拍車の戦い(コルトレイクの戦い)、史上初市民中心の歩兵軍が重装騎兵軍を破る

1302年7月11日 - 金拍車の戦い(コルトレイクの戦い)
コルトレイクにおいてフランドルの都市連合軍がフランス軍を破った戦い。
フランス王フィリップ4世がフランドルを併合しようとした1297年から1314年までの一連の戦争の中で起きた。
戦場に騎士の象徴とされた金拍車が多く残されたため、この名がついた。
地名を取ってコルトレイクの戦い(フランス語ではクールトレの戦い:Bataille de Courtrai)ともいう。
コルトレイクの戦い

ベルギーでは、この戦いの勝利によりフランドル(フランデレン)の独立が維持されたとされており、7月11日は祝日となっている。
また、戦史的には中世ヨーロッパにおいて市民中心の歩兵軍が、初めて重装騎兵である騎士軍を破った戦いとして知られている。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント