7月13日:「磁気浮上式鉄道の父」ヘルマン・ケンペル 逝く

1977年7月13日 - ヘルマン・ケンペル(Hermann Kemper、1892年4月5日 - 1977年7月13日)没。享年85歳。
ドイツの技術者。磁気浮上式鉄道における電磁吸引式の基本研究で活躍し、「磁気浮上式鉄道の父」とも評される。
1934年8月14日、磁気浮上鉄道(電磁吸引方式)に関する基本特許(DPR 643 316)を取得したのを始め、磁気浮上鉄道に関する3つの基本特許を取得した。
ヘルマン・ケンペル











ユーレイルパスを安く買う


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント