7月14日:アール・ヌーヴォーの代表的デザイナー、アルフォンス・ミュシャ 逝く

1939年7月14日 - アルフォンス・ミュシャ(Alfons Maria Mucha, アルフォンス・マリア・ムハ、1860年7月24日 - 1939年7月14日)没。享年78歳。
アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー
「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものであり、チェコ語の発音を日本語表記すると「ムハ」または「ムッハ」となる。
多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。
ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。
イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩(チェコ語版、英語版)』が挙げられる。

ジスモンダ
出世作『ジスモンダ』



アルフォンス・ミュシャ作品集/ドイ文化事業室

¥3,086
Amazon.co.jp

ミュシャ装飾デザイン集―『装飾資料集』『装飾人物集』/東京美術

¥3,024
Amazon.co.jp








◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント