5月11日:大津事件、ロシア帝国皇太子、警察官に襲われる

1891年5月11日 - 大津事件
日本を訪問中のロシア帝国皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が、
滋賀県滋賀郡大津町(現大津市)で警備にあたっていた警察官・津田三蔵に突然斬りつけられ負傷した、暗殺未遂事件。
大津事件

当時の列強の1つであるロシア帝国の艦隊が神戸港にいる中で事件が発生し、
まだ発展途上であった日本が武力報復されかねない緊迫した状況下で、
行政の干渉を受けながらも司法の独立を維持し、
三権分立の意識を広めた近代日本法学史上重要な事件とされる。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント