7月18日:応永の外寇。朝鮮、対馬来襲!

1419年7月18日(応永26年/世宗元年6月26日) - 応永の外寇。朝鮮が、対馬に来襲。
室町時代の応永26年(1419年)に起きた、李氏朝鮮による対馬攻撃で、対馬の糠岳(ぬかだけ)で戦闘が行われた事から糠岳戦争とも。朝鮮では己亥東征という。
朝鮮軍は10日余りで対馬から撤退するが、倭寇の活動を低下させるという目的は達した。
応永の外寇


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント