7月19日:普仏戦争勃発

1870年7月19日 - 普仏戦争勃発。
1871年5月10日まで続いたフランスプロイセン王国の間で行われた戦争である。
ドイツ諸邦もプロイセン側に立って参戦したため独仏戦争とも呼ぶ他、フランス側では1870年戦争と呼称する。
普仏戦争の後、列強の一つ、統一ドイツ帝国が誕生することになる。
プロイセン

国民皆兵制を取ったプロイセンが圧勝したことにより、他国も国民皆兵に追従することとなる。日本やロシアも普仏戦争の結果を見て国民皆兵制を採用した。

この戦争によりヨーロッパ大陸部におけるフランス優位は崩れ、ドイツはヨーロッパの覇権を目指して邁進することになる。
そして、次にヨーロッパを中心に行われた戦争は、世界を一変させることになる1914年に開戦した第一次世界大戦である。











フランス生まれのおしゃれな時計【ピエールラニエ】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント