7月25日:「近代医学の祖」 緒方 洪庵 逝く

1863年7月25日(文久3年6月10日) - 緒方 洪庵(おがた こうあん、文化7年7月14日(1810年8月13日) - 1863年7月25日(文久3年6月10日))没。享年52歳。
江戸時代後期の武士(足守藩士)、医師、蘭学者である。
大坂に『適塾』を開き、人材を育てた。
適塾からは福澤諭吉、大鳥圭介、橋本左内、大村益次郎、長与専斎、佐野常民、高松凌雲など幕末から明治維新にかけて活躍した多くの人材が輩出された。
また、天然痘治療に貢献し、日本の「近代医学の祖」といわれる。
緒方洪庵
















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント