7月29日:ロベルト・シューマン 逝く

1856年7月29日 - ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810年6月8日 - 1856年7月29日)没。享年46歳。
ドイツ作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。
ショパンのほかに、メンデルスゾーンを擁護し、若き日のブラームスを発掘、また、ベルリオーズをドイツに紹介、シューベルトの器楽曲を賞賛し『大ハ長調交響曲』を発見、バッハ全集の出版を呼びかけるなど、ドイツ音楽の地位向上と忘れ去られていた過去のドイツ音楽の名作の再評価に決定的な役割を果たした。

シューマンは子煩悩で、子供、もしくは初心者のための作品が比較的多いことも特徴である。
これは他の同時代作曲家に例を見ないもので、後世にいたるまで価値を失わない、音楽教育の分野での大きな貢献であるといわれている。
シューマン

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント