5月2日:ベルリン陥落

1945年5月2日 - 第二次世界大戦・ベルリン攻防戦: ソビエト赤軍によりがベルリン陥落。

<ライヒスターク(国会議事堂)の赤旗>

4月16日から始まったベルリン攻防戦におけるベルリン陥落までの犠牲者は

ドイツ側は
戦死 150,000~173,000
戦傷 200,000
捕虜 134,000
民間人死者 152,000

ソビエト側は
戦死・行方不明 81,116
戦傷 280,251

ソビエト軍の報復は苛烈を極め、多くの女性がソビエト軍将兵により強姦され、数多くの市民が自殺した。
当時ベルリンの女性の平均人口は149万5500人と推計され、
その6.7%に相当する10万人が赤軍兵士による性暴力の被害者となり、うち10%前後が性病に罹ったとされている。
強姦された女性は心理的外傷を負い、10万人のうち1万人前後が死亡した。
これはベルリンに限ったことではなく、赤軍に占領されたドイツの町や村の多くで起こった。

また、ソ連は戦利品部隊を占領下ドイツに送り込み、ベルリンの博物館島や、ドイツ各地の博物館、美術館、
個人収集品から250万点にも及ぶ絵画、彫刻等の美術品を戦利品として劫掠した。
ハインリヒ・シュリーマンが発見した「トロイアの黄金」も劫掠された一つである。
この内、約100万点は今なおドイツに返還されていない。



ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション [DVD]/日活

¥5,076
Amazon.co.jp

ベルリン1945/理論社

¥2,700
Amazon.co.jp

ヒトラー ~最期の12日間~ Blu-ray/ブルーノ・ガンツ,アレクサンドラ・マリア・ララ,ユリアーネ・ケーラー

¥2,700
Amazon.co.jp







◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント