7月30日:「鉄血宰相」ビスマルク 逝く

1898年7月30日 - オットー・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck-Schönhausen, 1815年4月1日 - 1898年7月30日)没。享年83歳。
プロイセン及びドイツ政治家、貴族。プロイセン王国首相(在職1862年-1890年)、北ドイツ連邦首相(在職1867年-1871年)、ドイツ帝国首相(在職1871年-1890年)を歴任した。
ドイツ統一の中心人物であり、「鉄血宰相(Eiserner Kanzler)」の異名を取る。
ビスマルクは岩倉具視使節団との交流などにより明治期の政治家に多大な影響を与え、富国強兵、殖産興業などにも影響を与え、さらには大日本帝国憲法を作るさいのヨーロッパでの研究にも協力をした。

ビスマルクの言葉 「賢者は歴史から学び愚者は経験からしか学ばない」
ビスマルク
















◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント