7月30日:原爆をテニアン島に輸送した巡洋艦インディアナポリス撃沈

1945年7月30日 - 第二次世界大戦: 日本の伊号第五八潜水艦が、アメリカの巡洋艦インディアナポリス(原爆輸送の帰路)を撃沈。
乗員1,199名のうち約300名が攻撃で死亡し、残り約900名は8月2日に哨戒機によって初めて発見されてから5日後に救助が完了するまでに多数がなくなり、救助された生存者は わずか316名であった。
巡洋艦インディアナポリス











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント